DIYに気軽に使えるステンレス棒はホームセンターで購入可能

自転車のフレームに使われる金属材料とその特性

様々な種類のネジ

自転車のフレームに使用される金属材料は様々で、その素材によって値段や特性に大きな違いが出てきます。ここでは、そのフレームに用いられる金属材料の特性について簡単に説明していきたいと思います。まず、アルミです。自転車に使用されるアルミは強度を増すなどしたアルミ合金ですが、加工が簡単でコストも安く、また軽量で錆びないという特性もあるため、広く自転車のフレームに使用されています。次に、クロモリと呼ばれるクロームモリブデン鋼は、自転車のフレームに古くから用いられてきた金属材料で、剛性が高くバネ性もあるのでしなやかな乗り心地があるとされています。また、チタンも自転車のフレームに使われる金属です。チタンは錆びなくて軽いという特性があり、強度も強いですが、値段は高くなります。他には、金属材料ではありませんがカーボンも自転車フレームのメジャーな素材です。カーボンは軽くて丈夫で振動吸収性も高いというメリットがありますが、一点集中の衝撃で破損してしまうもろさもあるとも言われています。このように、自転車のフレームには素材ごとにいろいろな特性や価格の違いがありますので、自分の予算や求める乗り心地などを考慮して素材を選んでいくのがおすすめです。

注目の記事

ステンレス棒が並ぶ

金属材料をリサイクルして有効活用しよう

金属材料を加工して作られたアルミ缶や電池は、ごみとして処分する際に、詳しく分別回収されており、家庭でも広くリサイクルが浸透しています。…

more

インフォメーション

Top