DIYに気軽に使えるステンレス棒はホームセンターで購入可能

金属材料をリサイクルして有効活用しよう

ステンレス棒が並ぶ

金属材料を加工して作られたアルミ缶や電池は、ごみとして処分する際に、詳しく分別回収されており、家庭でも広くリサイクルが浸透しています。
例えば鉄やマンガンから作られる電池は、家電量販店などのリサイクルBOXで回収され、再度鉄や亜鉛などを取り出し、建設資材や土壌改良剤となり、リユースされています。
このように金属材料のリサイクルは、プラスチック類とは異なり、元の品質に劣らないため普通に私たちに使われているのが現状です。

鉄やアルミのように身近なものから、近年では、希少金属として注目を浴びているレアメタルも金属材料です。
日本では、ほぼ産出できず、大部分を輸入に頼っているため供給が不安定となっています。
その為、海洋資源開発に向けて、数年前から日本近海の太平洋上で採掘調査が進められています。
このレアメタルを使って携帯電話やパソコン、ハイブリッド車などに広く工業製品が作られるため、それらが使われなくなってごみとして廃棄されている現状が都市鉱山と揶揄されています。
今後は、使わなくなった携帯やパソコンOA機器から効率よく金や銀、パラジウムを取り出し再資源化することで、レアメタルをはじめとした金属材料のリサイクルは、希少な金属をごみとして捨てずに繰り返し使う大変重要です。

注目の記事

ステンレス棒が並ぶ

金属材料をリサイクルして有効活用しよう

金属材料を加工して作られたアルミ缶や電池は、ごみとして処分する際に、詳しく分別回収されており、家庭でも広くリサイクルが浸透しています。…

more

インフォメーション

Top